ウォーターサーバーで赤ちゃんに適したお水を

赤ちゃんがいる家庭では、飲み水ひとつをとっても気を使ってあげる必要があります。それは、新生児の体は約8割が水分でできているということと、母乳または粉ミルクだけを栄養源としていることです。

教えて!gooに関するお悩み解決にはこちらです。

「赤ちゃん」と「水分」には深い関わりがありますので、新しい家族が増えたタイミングで、赤ちゃんに適したお水を用意することをおすすめします。



現在、多くの家庭で普及しているウォーターサーバーを利用すると、新生児に最適な水がいつでも使えて便利です。

成長してからは摂取する方が好ましい、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分は、生まれたての赤ちゃんには適していません。
ミネラル分をまだ上手に消化できないため、お腹がゆるくなることがあるからです。

ウォーターサーバーは冷たいお水だけでなく、いつでもお湯が出せるので、待ってくれない粉ミルクの催促にもすぐに応えることができます。


粉ミルクが溶けやすいのは軟水なので、選ぶ時は軟水を取り扱っている業者がおすすめです。



ウォーターサーバーがあれば、自宅にお水を配達してもらえるので、重い水を買いに行く手間と労力が省けます。

また、飲み水の放射性物質を気にする人は多いので、業者によっては放射性物質検出の有無を公表していますので、確認しましょう。

ウォーターサーバーを設置した場合の不安のひとつに、小さな子供が熱湯でやけどするのではないかという心配がありますが、ほとんどの機種で、赤ちゃんや小さな子供が熱いお湯に触れられないよう、チャイルドロックがついているので、その点は心配する必要はありません。